赤ワインのポリフェノール効果でバストアップ!おすすめのおつまみは?

目安時間:約 19分

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、バストケアコンサルタントのまやです。

 

 

 

お酒が好きな人に朗報です!

 

 

 

赤ワインがバストアップに良いということはご存知ですか?

 

 

 

 

肝臓を悪くしたり、二日酔いで頭が痛くなったりと

お酒には、良くないイメージがありますが、

 

ストレス解消血流を促進するなど、良いこともあるんです。

 

 

 

 

そして、お酒の中でも特に赤ワインには、

美容や健康、さらにバストアップにも効果があるのです*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

 

 

 

 

そこで今回は、赤ワインの魅力について調べてみました。

 

 

ワインの種類と違いは何?

 

毎年11月のボジョレー・ヌーボー解禁日には、

待ちに待ったファン達が楽しく飲んでいるところが

ニュースなどで取り上げられますよね。

 

 

美容に良いということもあり、

ワインは日本でも浸透しているお酒です。

 

 

◎ワインは大きく4つに分類される

 

ワインには、大きく4種類あります。

 

その違いは以下です。

 

  • スティルワイン・・・発泡性のないワインで、市場に最も出回っているワイン。赤、白、ロゼの3種類がある。

 

  • スパークリングワイン・・・発泡性のあるワイン。

 

  • フォーティファイドワイン・・・アルコールを添加して、アルコール度を高めたワイン。

 

  • フレーバードワイン・・・ワインに果実や薬草、甘味料などを加えたワイン。

 

 

◎赤、白、ロゼの違いは?

 

私たちが普段「ワイン」と呼んでいるものは、

この中でスティルワインのことです。

 

 

スティルワインには赤、白、ロゼの3種類がありますが、

その違いは何でしょう。

 

 

◆赤ワインは皮や種も一緒に漬ける

 

赤ワインは黒ブドウを使い、

ブドウの果肉だけでなく皮や種も一緒に漬けこんで造られます。

 

 

果皮に含まれるアントシアニンという色素成分によって

ワインが赤くなっているのです。

 

 

また、果皮や種に含まれるタンニンが溶け込むことで、

赤ワイン独特の深み渋みが生まれます。

 

 

 

一般的には肉料理に合うと言われていますね。

 

 

 

◆白ワインは果汁を使う

 

白ワインは、白ブドウを使います。

 

 

基本的には果皮や種は取り除き、

果汁を絞ってアルコール発酵を行ないます。

 

 

 

その為、赤ワインのような色も渋みもない、

フルーティな味わいが特徴です。

 

 

フレッシュでフルーティな味わいから、

魚料理に合うと言われています。

 

 

 

◆ロゼはバラのような香り

 

ロゼは淡いピンク色のワインですね。

 

 

製造方法は様々で、

赤ワインと同じく果皮や種と一緒に漬けこみ、

軽く色づいたところで果汁を絞り発酵させる方法や、

黒ブドウを使って白ブドウと同じ方法で製造する方法、

黒ブドウを白ブドウを混ぜて発酵させる方法などがあります。

 

また、出来上がった赤ワインと白ワインを

混ぜて造られることもあるようです。

 

 

このように製造方法が異なる為、

成分も味わいもメーカーによって違ってきます。

 

 

 

しかし、どの方法でも

バラのような香りと爽やかな味わいがあるのがロゼの特徴です。

 

 

 

 

 

このようにワインの種類はいろいろありますが、

今回は特にバストアップ効果の高い「赤ワイン」について

詳しく解説していきます。

 

 

ポリフェノールのバストアップ効果とは

 

赤ワインにはポリフェノールがほかのワインに比べて

多く含まれています。

 

 

 

美容や健康、更にバストアップに良いとされる

ポリフェノールについて詳しく見ていきましょう。

 

 

 

◎赤ワインにはポリフェノールがいっぱい

 

ポリフェノールには様々な種類がありますが、

赤ワインは含有量が多いだけでなく、

多種多様のポリフェノールが含まれているのも特徴です。

 

 

<赤ワインに含まれているポリフェノール>

 

  • カテキン
  • フラボノイド
  • アントシアニン
  • タンニン
  • シンプルフェノール
  • レスベラトロール

 

 

 

◎女性ホルモンの働きを補ってバストアップ

 

赤ワインに含まれるポリフェノールには、

女性ホルモンと似た働きをする種類が含まれています。

 

 

赤ワインを飲むことで、

不足したエストロゲンの働きを補ってくれます。

 

 

 

エストロゲンと似た働きによって、

乳腺が刺激され、バストアップ効果が期待できるのです。

 

 

 

◎抗酸化作用で、バスト細胞と肌の活性化

 

ポリフェノールには強い抗酸化作用があり、

体内の活性酸素を除去し、細胞や血液の再生を促してくれます。

 

 

 

細胞や血液の再生リズムが正常化することで、

健康な肌を維持し続けることができるようになります。

 

 

 

バストにも同じ効果がありますので、

バストの細胞や肌が活性化し、バストに弾力とハリが生まれます。

 

 

 

◎血液サラサラ効果でバストに栄養を届ける

 

ポリフェノールには、

血中の悪玉コレステロール値を下げる働きもあります。

 

 

 

この血液サラサラ効果によって、

バストに必要な栄養がスムーズに届けられ、

バストアップに繋がります。

 

 

 

◎肝機能を促進して女性ホルモン活性化

 

ポリフェノールには、

肝機能を促進する働きがあると言われています。

 

 

アルコールを摂取するのに、

肝臓に良いというのは不思議な感じがしますね。

 

 

 

肝臓は、アルコール分解のほかに、

女性ホルモンを分解するという重要な役割を担っています。

 

 

肝機能が促進され、古い女性ホルモンがどんどん分解されることで

新しい女性ホルモンの分泌が活性化し、

バストアップに繋がっていきます。

 

 

 

ただし、

アルコールの摂り過ぎは肝機能に負担をかけることは事実ですので、

適量を守るようにしましょう。

 

 

バストアップに効果的な赤ワインの選び方

スポンサーリンク

 

赤ワインには、他のワインと比べてポリフェノールが多いですが、

その赤ワインの中でも種類があります。

 

 

せっかくなら、

ポリフェノールの含有量が多い赤ワインを選びたいですね。

 

 

 

◎色素と渋みが重要ポイント

 

ポリフェノールの含有量をはかるのに

最も分かりやすいのは、やはり色の濃さです。

 

 

ポリフェノールはブドウの果皮や種に多く含まれています。

 

 

その為、色素が濃いほど

ポリフェノールは多く含まれているということになるのです。

 

 

ブドウの品種から見ると、

 

  • カルベネ・ソーヴィニヨン
  • ネッピオーロ

 

がポリフェノール含有量の高い品種となります。

 

 

 

しかし、ポリフェノールが多いということは、

渋みも強いワインとなります。

 

 

渋みの強いワインが苦手な人は、

ピノ・ノワールや、メルローを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

◎ポリフェノールは体内に蓄積されない

 

ポリフェノールについては、

まだ詳しく分かっていない部分も多いようですが、

体内に留まることはできないとされています。

 

 

その為、週に1~2度適量を飲むのがバストに良いでしょう。

 

 

ワインを料理に使うなど工夫して、

うまく食事に取り入れていくと摂取しやすいのではないでしょうか。

 

 

ワインもお酒です!飲みすぎに注意!

 

赤ワインが身体に良いといっても、

アルコールを含むお酒であることに変わりありません。

 

 

飲みすぎは、肝臓に負担がかかり

女性ホルモンの分泌を減少させる可能性があります。

 

 

 

1日に1~2杯程度が適量とされています。

 

 

 

ただし、体調や体質にもよって適量は変わりますので、

注意してくださいね。

 

 

赤ワインと一緒に~バストアップ効果のある食べ物

 

赤ワインを楽しむなら、

せっかくなのでバストアップ効果のある他の食べ物を一緒に

いかがですか?

 

 

◎赤ワインとチーズ

 

赤ワインととても相性の良いチーズ。

 

 

 

チーズも種類が多く、種類によって含まれる栄養素は異なりますが、

どのチーズにもたんぱく質脂質は豊富に含まれています。

 

 

 

たんぱく質は、バストの土台となる筋肉や細胞をつくるのに

欠かせない栄養素です。

 

 

また、たんぱく質には女性ホルモンの分泌を促す作用も

あると言われています。

 

 

 

 

そして、脂質もバストには重要です。

 

 

バストはほとんどが脂肪でできていますので、

良質な脂質を適度に摂取することはバストにとって大切なことです。

 

 

 

チーズはカロリーが高いものが多いので、

摂り過ぎには気をつけたいですね。

 

 

 

◎赤ワインとナッツ

 

赤ワインとナッツも相性の良い組み合わせですね。

 

 

ナッツにもポリフェノールが含まれていますし、

アンチエイジング効果や、

ホルモンバランスを整える効果のあるビタミンEが豊富です。

 

 

 

 

他にも、食物繊維や良質な脂質のオレイン酸も含まれていて、

血行促進整腸作用で美バストに効果が期待できます。

 

 

ナッツのバストアップ効果については

こちらの記事で詳しく解説しています。

ナッツがバストアップに効果的?おすすめの種類や摂り方は?

 

 

 

◎赤ワインとアボカド

 

森のバターと言われるほど栄養価の高いアボカド。

 

 

アボカドも、ナッツ同様

良質な脂質とビタミンEが豊富に含まれています。

 

 

バストアップに欠かせないたんぱく質や、

アンチエイジング効果の高いグルタチオンという成分も

豊富に含まれています。

 

 

 

 

栄養豊富なアボカドを一緒に摂ることで、

相乗効果でバストアップに期待ができます。

 

 

アボカドとバストアップについては

こちらの記事で詳しく書いてます。

森のバター「アボカド」でバストアップする方法!栄養と効果とは

 

 

 

 

◎赤ワインとドライフルーツ

 

そのままのフルーツでもいいですが、

赤ワインにはドライフルーツの方が、相性が良さそうです。

 

 

 

フルーツには、ビタミンやミネラル、食物繊維などが

多く含まれています。

 

 

 

そのままのフルーツと比べ、ドライフルーツにすることで、

食物繊維は増えることが分かっています。

 

 

 

食物繊維の整腸作用によって、腸内環境が整うことで

バストに必要な栄養が効率的に吸収することができます。

 

 

 

また、赤ワインは便秘を引き起こす可能性があるとも言われているので、

食物繊維の多いものを一緒に摂取することで、

赤ワインのデメリットを解消することも期待できます。

 

 

 

そして、フルーツに含まれるミネラルも

ドライフルーツにすることによって凝縮されるので、

効率よく摂取することができます

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

 

赤ワインでバストアップができるなんて、

お酒が好きな人にとっては、本当にうれしい発見ですねO(≧▽≦)O

 

 

 

赤ワインでバストアップができるのは、

豊富で多種多様なポリフェノールのおかげです♪

 

 

バストアップだけでなく、健康にも美容にも効果のある

赤ワインを楽しみながら飲みましょうヾ(〃^∇^)ノ

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

カテゴリ:食事  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
おすすめ記事
人気記事ランキング
カテゴリー
Twitter
サイト内検索
管理人

管理人:まや

豊かでハリのある形の良いバストは、憧れですね。
でも、憧れだけでは終わらせない!
30代からでも遅くない、バストアップ・バストケアの方法を体験をもとに記載しています。
あなたの力になれたら嬉しいです♪

詳しいプロフィールはこちらから

ページの先頭へ