ブラを型崩れさせない正しい干し方と洗濯ネットの正しい使い方

目安時間:約 10分

スポンサーリンク

 

こんにちは、バストケアコンサルタントのまやです。

 

 

 

日々私たちのバストを整え、

守ってくれているブラジャー

 

あなたは丁寧に扱っていますか??

 

 

 

 

洗濯機でぐるぐると回していませんか?

 

 

適当に干していませんか?

 

 

 

型崩れしたブラジャーは

着用してもしっかりとバストを支えられません。

 

 

それどころか、

型崩れしたブラジャーに合わせて

バストも型崩れを起こしちゃいます(>_<)

 

 

 

洗い方、干し方、片づけ方を

しっかり覚えて、

大切に扱ってあげましょう。

 

 

ブラは手洗いが基本

ブラは手洗いが基本です。

 

 

でもかなり面倒(*´Д`)=3

 

 

 

 

 

忙しくて手洗いはできない人は

ここは飛ばしてください♪

 

 

ただ、

ブラには手洗いが良いということは

覚えておいてくださいね。

 

 

 

 

では、下着メーカーが推奨している

手洗いの方法です。

 

 

1.大きめの容器を用意します。

 

 

2.ぬるま湯ではなく、30度以下の水温

の水に洗剤を溶かします。

 

 

3.両手で軽く押し洗いをします。

 

決してゴシゴシしないこと。

汚れが気になるところは、つまみ洗いをします。

 

 

 

4.容器内の水を何度も変えながら

十分にすすぎを行ないます。

 

 

5.好みによりますが、

すすぎ後、柔軟剤を使うと肌ざわりよく

仕上がります。

 

 

6.タオルにはさんで水気を取ります。

 

雑巾を絞るようなねじり絞りや、洗濯機の脱水は

型崩れのもととなるのでやめましょう。

 

 

 

洗濯機で洗う場合の注意点

スポンサーリンク

 

洗濯機でブラジャーを洗う場合は、

絶対に洗濯ネットに入れましょう。

 

 

 

洗濯ネットもさまざまな種類がありますが、

何でもいいわけではありません。

 

「ブラジャー専用ネット」

を必ず使用しましょう。

 

 

今はこんな素敵なものもあるみたいです(*^_^*)

洗濯ネット ランジェリーネット ブラジャー洗濯ボール Bravo ブラボー ( ブラジャーネット ボール型 洗濯用品 下着 型崩れ防止 ) 【RCP】

 

 

また、ブラジャーは出来る限り下着類のみで

洗濯を行なうようにすると良いです。

 

 

 

 

そして、生地を傷めないために

「ドライコース」や「ランジェリーコース」、

「弱水流」などで、

 

洗濯からすすぎまでの時間は5~6分

と短めで洗いましょう。

 

 

 

 

脱水も、やりすぎると型崩れのもととなります。

 

 

水がしたたり落ちない程度に

脱水できればOKです。

 

 

 

洗う前のひと手間が大切

手洗いでも

洗濯機洗いでも、

 

洗う前に、ひと手間加えることで

型崩れなく長く着用できます。

 

 

 

 

★パッドは外して洗う 

 

取り外しが可能なパッドは取り外し

別々に洗いましょう。

 

 

 

パッドは洗剤が残りやすい場所です。

 

別々にすることで洗剤残りを

ふせぐことができます。

 

 

 

★洗剤をよく溶かす 

 

特に手洗いの場合になりますが、

まずは洗剤を水によく溶かしてから

ブラを入れるようにしましょう。

 

 

 

洗剤の量が多いと

色落ちや生地を傷めることがあります。

 

 

適量をよく溶かしてから

洗いましょう。

 

 

 

★金具は留めて洗う 

 

ブラのホックは留めて洗いましょう。

 

 

このひと手間で型崩れを防ぎ

きれいな形を保つことができますよ。

 

 

 

★塩素系漂白剤は使ってはダメ 

 

ブラに塩素系漂白剤を使うと

生地を傷め、

黄ばみや変色のもとにもなります。

 

 

漂白剤の使用は絶対にダメ。

 

洗剤も中性洗剤を使いましょう。

 

 

 

ブラの正しい干し方

ブラのサイドベルトだけを洗濯バサミで留めて

ぶら下げている干し方をよく見かけますが、

ダメなパターンです。

 

 

脱水後は、カップの形を整え、

サイドベルト部分は

軽く引っ張ってシワを伸ばします。

 

 

下向き、

または中心から折りたたむような形で

干すのがベストです。

 

また、直射日光は黄ばみや色あせ、

生地劣化の原因になります。

 

 

風通しの良い場所で陰干ししましょう。

 

 

尚、乾燥機は絶対に禁止です。

 

 

ブラはたたまず収納

 

ブラはたたまずに収納すると型崩れしません。

 

形を整え、

ストラップとベルトをカップの中にしまって

そのまま収納しましょう。

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

ブラは大切にしていても劣化していきます。

 

 

大切にしないと、

当然劣化は早まってしまいます。

 

 

 

バストケアでバストを好きになるとともに、

ブラジャーにも愛情を注いであげましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
おすすめ記事
人気記事ランキング
カテゴリー
Twitter
サイト内検索
管理人

管理人:まや

豊かでハリのある形の良いバストは、憧れですね。
でも、憧れだけでは終わらせない!
30代からでも遅くない、バストアップ・バストケアの方法を体験をもとに記載しています。
あなたの力になれたら嬉しいです♪

詳しいプロフィールはこちらから

ページの先頭へ