バストのために女性ホルモンを増やして大丈夫?バランスの整え方とは

目安時間:約 10分

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、バストケアコンサルタントのまやです。

 

 

バストアップのためには

女性ホルモンが欠かせません。

 

 

 

しかし、女性ホルモンをたくさん取れば

女子力アップできるのかというと、

 

そんな簡単なものでもありません。

 

 

 

 

そこで今回は、

 

女性ホルモンの働きや

女性ホルモンのバランスが崩れる原因について

 

詳しく説明したいと思います。

 

 

女性ホルモンの働きとは?

女性ホルモンの働きについて、

ちゃんと知っている人って意外と少ないのではないでしょうか。

 

女性ホルモンの働きを知ることで、

バストアップへと導く知識を身につけましょう。

 

 

 

 

女性ホルモンとは、

脳からの命令によって卵巣から分泌される2つのホルモンの総称で、

美容や妊娠、出産などにかかわり、

女性の体には欠かせないホルモンです。

 

 

そして、この2つのホルモンが

ひと月の間に一定のリズムをもって卵巣より分泌されています。

 

 

 

 

 

では、この2つのホルモンについて

詳しく説明していきますね。

 

 

 

◎エストロゲン(卵胞ホルモン)

 

エストロゲンは、

卵巣にある卵胞の発育によって分泌されるホルモンです。

 

 

エストロゲンは「美のホルモン」といわれ、

 

  • 肌や髪のハリやツヤを保つ
  • 女性らしい体型を形成する
  • 子宮内膜を増殖・肥厚させる
  • 骨にカルシウムを蓄積させる

 

などの作用があります。

 

 

 

エストロゲンは、

女性らしい身体をつくる働きがあるんですね。

 

 

 

 

 

◎プロゲステロン(黄体ホルモン)

 

プロゲステロンは、

排卵後に変化した黄体から分泌されるホルモンです。

 

 

 

プロゲステロンは「母のホルモン」といわれ

 

  • 子宮内膜を柔らかくし妊娠しやすくする
  • 体温を上げる
  • 乳腺の発育を促進する
  • むくみやすくなる
  • 便秘がちになる

 

などの作用があります。

 

 

 

プロゲステロンは、

母になる為の体をつくる働きがあるんですね。

 

 

女性ホルモンは年齢とともに減る?

スポンサーリンク

 

女性ホルモンの分泌は、常に同じではありません。

 

年齢によって変化していくのです。

 

 

◎思春期:10歳~18歳頃

エストロゲンが少しずつ分泌されるようになります。

胸が膨らみ始め、皮下脂肪によって体が丸みをおびてきて、

少しずつ大人の女性の体に近づいていきます。

 

◎成熟期:19歳~44歳頃

エストロゲンの分泌がスムーズになり、

ほとんどの女性は遅くても25歳くらいまでに安定します。

40歳過ぎになる卵巣機能の低下によって、

徐々に分泌量が少なくなっていきます。

 

◎更年期:45歳~55歳頃

閉経前後となるこの約5年間くらいのことを

日本産婦人科学会では「更年期」と呼んでいます。

閉経を迎えると、エストロゲンの量は急激に減少していきます。

 

◎老年期:56歳以降

更年期が過ぎて以降を「老年期期」といいます。

老年期になるとエストロゲンの分泌がなくなり、

男性との差はほとんどなくなってしまいます。

 

 

男性との差がなくなるって・・・結構ショックですね( lll0□0lll)

 

 

女性ホルモンを整えよう

女性ホルモンは単に増やせばいいというものではありません。

 

女性ホルモンはバランスが重要で、

多すぎても少なすぎても良くないのです。

 

 

 

女性ホルモンのバランスを崩さないためのコツを

ぜひ覚えておきましょう。

 

 

 

ストレスをためない

 

ストレスがたまると、

脳がホルモン分泌の命令をうまく出せなくなってしまい

ホルモンバランスが崩れます。

 

大きなストレスがあると、

月経不順や無月経、不正出血の原因になってしまいます。

 

 

 

生活習慣を整える

 

不規則な生活や睡眠不足も

ホルモンバランスが崩れる原因です。

 

十分な睡眠をとり、規則正しい生活を心掛けましょう。

 

 

 

バランスの取れた食事をする

 

エストロゲンと似た働きをする食べ物は多くありますが、

先ほどもお伝えしたとおり

取り過ぎも決して良くありません。

 

 

大切なことは、バランスの良い食事をすることです。

 

 

バランスの良い食事に、

ホルモンに効果のある食べ物をほんの少しプラスするだけで

十分です。

 

健康的な食事を心掛けていれば、

ホルモンバランスは自然と整っていきますよ。

 

 

 

急激なダイエットをしない

 

急激な体重の増減は、ホルモンバランスが崩れる原因になります。

 

 

偏った食事でのダイエットや、

過度な食事制限でのダイエットなど、

短期で集中的に行うようなダイエットは行わないようにしましょう。

 

 

 

たばこを吸わない

 

たばこはエストロゲンの分泌を減らしてしまいます。

 

また、たばこを吸う人は、吸わない人よりも

平均して2年ほど閉経が早まってしまうという

恐ろしい調査結果もあるんです..ヾ(。>д<)シ

 

 

ストレス解消にはよいかもしれませんが、

体に良いものではないですよね。

 

少し頑張って禁煙してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

女性ホルモンは増やせばいいというわけではありません。

 

 

適度な量と、適度なバランスが体にとって大切なんです。

 

 

 

 

バストアップのために

と、エストロゲンを増やすことばかりに気を取られていると

体調不良や思わぬ病気になってしまう危険があります。

 

 

 

規則正しい生活を送ることで

ホルモンバランスを整えながら美しくバストアップしていくことを

目指しましょうね。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。 ゜

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
おすすめ記事
人気記事ランキング
カテゴリー
Twitter
サイト内検索
管理人

管理人:まや

豊かでハリのある形の良いバストは、憧れですね。
でも、憧れだけでは終わらせない!
30代からでも遅くない、バストアップ・バストケアの方法を体験をもとに記載しています。
あなたの力になれたら嬉しいです♪

詳しいプロフィールはこちらから

ページの先頭へ