寝るだけでバストアップ!?寝方を変えたら育乳できたその方法とは?

目安時間:約 15分

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、バストケアコンサルタントのまやです。

 

 

 

バストアップの方法は?と聞かれた時、

運動マッサージ食事に気をつけたり、サプリメントを摂取したり…

と、様々な方法を思い浮かべると思います。

 

 

 

そして、

いろいろと試してみたことがあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

しかし、実は

もっと簡単にバストアップできる方法があるんです。

 

 

 

それはなんと、「寝方に気をつける」だけという方法。

 

 

 

 

そんなバカな…

 

と感じると思いますが、これにはちゃんとした理由があるのです。

 

 

 

 

そこで今回は、バストアップを助けてくれる寝方について

ご紹介していきます。

 

 

バストアップする寝方とは?

 

あなたは、

毎日どんな格好で、どんな寝相や寝方で寝ていますか?

 

 

 

仕事や家事などで疲れた身体には、

睡眠を取ることが、一番回復できる方法ですよね。

 

 

 

その為、ラクな服装や姿勢で眠りたい

と考えるのは当たり前です。

 

 

 

しかし、1日平均6~8時間の睡眠時間と考えると、

実に、人生の1/3~1/4は寝ている時間となるんです。

 

 

 

 

そんな長い時間、

バストがどのような状態になっているのか

考えたことがありますか?

 

 

 

当たり前すぎて気にしていなかった寝方でも、

毎日の積み重ねによって、

バストのサイズや形に差が出てしまうんですよ。

 

 

 

◎バストアップには仰向けがベスト!

 

バストアップするためにおすすめの姿勢は、

仰向けです!

 

 

 

寝るときの姿勢には、

仰向けのほかに、うつぶせや横向きがありますよね。

 

 

しかし、うつぶせや横向きは、

バストに良くない影響を与えてしまう可能性が高いのです。

 

 

◆うつぶせで寝るのがNGな理由

 

うつぶせ寝は、

バストにとっては絶対にやってはいけない姿勢です。

 

 

  • バストをつぶしてしまう
  • バストにシワができる
  • 脂肪を背中に逃がしてしまう

 

 

その中でも一番のデメリットは、

バストを体重で押しつぶしてしまっていること。

 

 

 

胸が押しつぶれている状態が、数時間続くわけですから、

形が崩れる原因になるのは言うまでもありません。

 

 

 

また、胸が圧迫されていることで、

血流も悪くなり、

せっかく分泌されたホルモンもバストに届きにくくなってしまうのです。

 

 

 

◆横向きで寝るのがNGな理由

 

横向きで寝ることによるバストへの一番の影響は、

バストが横に流れてしまうことです。

 

 

  • 脂肪が横に流れてしまう
  • シワやたるみの原因となる可能性
  • 左右の大きさや形に差が出る

 

 

 

寝ている間、無意識に寝返りをうっていますが、

人は、一番寝心地の良い姿勢を長くとると言われています。

 

 

 

その為、どちらか一方を向いている時間が長くなる傾向があるため、

左右のバストへの血流や負担のかかり方に違いが発生し、

左右のバストの大きさや形に差が出てしまうのです。

 

 

 

 

 

普段から、このような寝方をしていれば、

バストに負担がかかってしまっている恐れがあります。

 

 

寝る姿勢を「仰向け」に変えて、

今までかかっていたバストへの負担を減らすことで、

バストアップにつなげられる可能性が十分にあるのです。

 

 

 

バストのことを考えるなら、

まずは、寝る姿勢を仰向けに変えると良いですね。

 

 

 

◎他にも気をつけて欲しい姿勢は?

 

寝るときの姿勢で、

他にも気をつけて欲しいのが手の位置と首の角度です。

 

 

◆寝るときの手は身体の横に

 

仰向けで寝るとき、手はどこに置いていますか?

 

 

身体の横に置く

つまり「きをつけ」の姿勢がおすすめです。

 

 

 

お腹や胸の上に置いているという人は、

手が置かれている部分を押している状態になってしまいます。

 

 

 

その部分の血行が悪くなったり、

深い睡眠に入りづらくなってしまう可能性があります。

 

 

 

◆枕の高さも気にしてみよう

 

枕の高さは、

質の良い睡眠が取れるかどうかの重要なポイントです。

 

 

 

首に負担がかからない高さがベスト。

 

 

 

質の良い睡眠が取れていなければ、

ホルモンの分泌も悪くなり、バストに栄養を届けられません。

 

 

 

肩こりや首こりの原因にもなりますので、

首に負担のない枕を選ぶことも、非常に重要ですよ。

 

 

 

寝る前に身体を温めてバストアップ

スポンサーリンク

 

寝る姿勢を仰向けに変えても、

身体が冷えていては、バストアップは難しくなります。

 

 

なぜかというと、

冷えはバストアップの天敵だから。

 

 

 

身体が冷えることは、

血行が悪くなることに直結します。

 

 

 

バストアップするためには、

バストに必要な栄養やホルモンなどがしっかりと届くことが必要です。

 

 

しかし、血流が悪い状態では、

それらを十分に届けることは出来ませんよね。

 

 

◎入浴で身体を温める

 

まず必要なのは、

夜お風呂でしっかりと湯船に浸かることです。

 

 

シャワーだけで済ますのは、

身体が芯まで温まらないため、バストのためにはNG行為です。

 

 

 

入浴の際は、38度くらいのぬるめのお湯で、

全身浴または半身浴で

しっかりと身体を温めるようにしましょう。

 

 

 

◎寝る前にバストアップマッサージをプラス

 

入浴直後の身体が温まっている時や、寝る前に、

バストを軽くマッサージして、バストへの血流を促すことで、

バストアップに必要な栄養が届きやすくなります。

 

 

たった1分でできるので、

ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

《マッサージ方法》

 

1:右手のひらで右胸の下部分を支えます

 

2:左手で右胸を脇から谷間に向かって円を描くようにさすります

 

3:左右それぞれ30秒ずつ行います

 

 

脇下にあるリンパをほぐすイメージで行うと良いですよ。

 

 

睡眠時間をしっかり確保!ホルモンの分泌との関係

 

 

寝ることでバストアップを目指すなら、

仰向けの姿勢で寝ることは大切ですが、それだけで良いわけではありません。

 

 

バストアップには、

毎日の睡眠時間も大切なポイントなんです。

 

 

 

 

バストアップは、

成長ホルモンと深い関わりがあります。

 

 

成長ホルモンとラクトゲン受容体と呼ばれるものが結びつくことで、

バストが大きく成長すると言われています。

 

 

 

ですので、成長ホルモンの分泌を促すことが

バストアップには必要なのです。

 

 

 

成長ホルモンは就寝後3時間で、

一日の分泌量の約70%が分泌されると言われています。

 

 

 

その為、

出来れば1日6~8時間の睡眠がベストですが、

最低でも4~5時間の睡眠時間は確保するようにしましょう。

 

 

 

また、体内時計が崩れると、

ホルモンの分泌に影響がある可能性があるため、

出来る限り決まった時間に寝て、決まった時間に起きるように

心掛けることも大切です。

 

 

 

寝るときはナイトブラ着用でバストを守って

 

仰向けの姿勢で寝るのが良いことは分かりましたが、

バストアップのためには、どうしても必要なものがあります。

 

 

それが、ナイトブラです。

 

 

 

ブラでバストをしっかりと固定して守らなければ、

バストの脂肪が横に流れてしまい、

離れ乳の原因となる恐れがあります。

 

 

 

しかし、だからといってバストを締め付けすぎてしまうのも、

リラックスできませんよね。

 

 

また、締め付けすぎることで、

バストの形が崩れてしまうなんてことも考えられます。

 

 

 

より良い睡眠をとりつつ、バストを守るためには

ナイトブラを着用するようにしましょう。

 

 

 

 

ナイトブラの重要性については、

こちらの記事で詳しく書いています。

ナイトブラはなぜ必要なのか?その理由と効果は?

 

 

 

おすすめナイトブラはこちら

美バストのためのナイトブラ超おすすめ5選

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

 

寝るときの姿勢や、睡眠時間をちょっと見直し、

実行するだけでバストアップに繋がるなんて、嬉しい驚きですよね。

 

 

 

そして、成長するバストを守るために

ナイトブラを着用することも、とても大切なことです。

 

 

寝方を見直して、

毎日の眠りを、バストアップの味方にしちゃいましょう♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
おすすめ記事
人気記事ランキング
カテゴリー
Twitter
サイト内検索
管理人

管理人:まや

豊かでハリのある形の良いバストは、憧れですね。
でも、憧れだけでは終わらせない!
30代からでも遅くない、バストアップ・バストケアの方法を体験をもとに記載しています。
あなたの力になれたら嬉しいです♪

詳しいプロフィールはこちらから

ページの先頭へ