バストアップは大胸筋を鍛えるだけじゃない!効果のある筋トレ方法

目安時間:約 12分

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、バストケアコンサルタントのまやです。

 

 

 

大胸筋を鍛えるとバストアップできる、とよく言われていますね。

 

 

でも、鍛えるとバストアップに効果のある筋肉は

大胸筋だけではありません。

 

 

 

また、間違った筋トレを行なうと

バストの形が崩れる原因になってしまうことも∑(゚д゚lll)

 

 

正しいエクササイズで、バストアップを目指しましょう\(^o^)/

 

 

どうすればバストは上向きになるのか?

バストはクーパー靭帯と皮膚で吊り上げられ、

下への重力と戦い続けています。

 

 

 

身体からでっぱっている胸は、

他の場所と比べて揺れやすく構造にもなっていますね。

 

 

 

揺れによって、クーパー靭帯や皮膚が伸びてしまうと

バストが垂れたり、離れたりしてしまいます。

 

 

そして残念なことに、

一度伸びきってしまったクーパー靭帯は

元には戻れません。

 

 

 

でも、皮膚は靭帯と違い、日々生まれ変わっています。

 

 

つまり、皮膚の再生によって、

垂れたバストを上向きバストに戻すことは不可能ではないんです。

 

 

 

 

そして皮膚と同じように、

バストを支えている重要な役目である筋肉も

日々変化していきます。

 

 

 

バストの土台となる筋肉を鍛え、

バストの形を崩している筋肉をほぐすことで

ハリのある上向きバストを手に入れることができちゃいますよ*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

 

 

 

大胸筋は鍛えすぎに注意して!

バストアップには大胸筋を鍛えることが

フォーカスされがちですが、

鍛えすぎには注意が必要です。

 

 

鍛えると筋肉は緊張状態になります。

 

 

適度な緊張状態であれば問題ないのですが、

 

鍛えすぎて過剰に緊張した筋肉は、

バストを横や下に引っ張ってしまい、

 

バストの形が崩れる原因になる危険があるんです。

 

 

 

筋肉は鍛えることも大切ですが、

それ以上にほぐして「ゆるめる」ことが重要です(`・ω・´)

 

 

バストアップに効果のある筋トレ方法

スポンサーリンク

 

それでは、バストアップに効果的な筋トレ方法を

ご紹介します。

 

 

◎肋間筋をゆるめる体操

筋トレを行なう前に、

まずは、肋間筋を緩めて深い呼吸ができるようにしておきます。

 

 

肋間筋は肋骨と肋骨の間にある筋肉で、

呼吸に深くかかわっています。

 

 

肋間筋が固くなると、呼吸が浅くなり

身体への酸素の取り込みが少なってしまうことで

身体の不調にも繋がります。

 

 

 

 

また、お腹を膨らませず、

胸で大きく呼吸しようとすると

バストが張り大きく美しく見えるように

肋間筋は美しいバストにとっても大切な筋肉なんです。

 

 

 

出典:https://fytte.jp

 

1:両手のひらがぴったりくっつくように指を組み、

腕をまっすぐ前に伸ばします。

背筋をまっすぐ伸ばして正しい姿勢を意識します。

 

 

 

出典:https://fytte.jp

 

2:息を吸いながら腕を頭の上に伸ばします。

耳の後ろに腕がいくように意識し、なるべく体の線と

一直線になるようにします。

 

息を吐きながら、さらに高く手を上に引き上げます。

そのままゆっくり3回呼吸しましょう。

 

 

 

出典:https://fytte.jp

 

3:2の状態のまま、息を吐きながら体を横に倒します。

身体の側面をしっかりと伸ばすイメージで。

 

そのままゆっくり3回呼吸したら、

息を吸いながら体をもとに戻します。

同じように、反対側にも体を倒します。

 

 

◎大胸筋と小胸筋をほぐして「天然のブラ」をつくる

次は大胸筋と小胸筋をほぐしていきます。

 

先ほども書きましたが、

大胸筋は鍛えすぎると美しいバストの妨げになる可能性があります。

 

 

効率良く適度に大胸筋を鍛えるためには、

日常生活の中で強張っている筋肉をほぐしてあげることが

大切です。

 

 

 

別の記事で僧帽筋を鍛えるバストアップ方法を

ご紹介していますが、

 

大胸筋や小胸筋が強張っていると、僧帽筋を鍛えても

効果が出にくくなってしまいます。

 

バストアップの秘訣は背中だった!僧帽筋を鍛えて上向きバストへ

 

 

鍛える前に、大胸筋や小胸筋をしっかりとほぐして

いきましょう。

 

 

 

<やり方>

 

1:頭の後ろで指を組みます。

正しい姿勢で胸を張り、腕がなるべく一直線になるように

大きく開きます。

 

 

2:息を吸いながらひじを開き、あごを上げて上を向きます。

バストトップが天井に向くように意識しながら体を反らせ、

ゆっくりと3回呼吸し、その後もとに戻します。

 

 

3:息を吐きながら、今度は前かがみになります。

おへそをのぞき込むようなイメージで。

 

この時、首をすくめるのではなく、背中を丸めるように

意識しましょう。

そのままゆっくり3回呼吸したら、もとに戻します。

 

※下に動画あります。

 

◎大胸筋を鍛えてデコルテラインを美しく

大胸筋を鍛える方法はたくさんあります。

 

しかし大胸筋は鍛えすぎると、

胸板が厚くなり男性のような筋肉のつき方になってしまいます。

 

 

 

よく紹介されている、合掌ポーズや腕立て伏せも

やりすぎると腕や肩にも筋肉がつき、

 

がっちりした男性のようなバストラインになってしまう可能性が

あるので注意しましょうね。

 

 

 

 

女性らしい上向きバストの為に大胸筋を鍛えるのであれば、

こちらの筋トレだけで十分ですよ。

 

 

 

<やり方>

 

1:ひじが直角になるように曲げて、

二の腕が床と並行になる高さにします。

 

 

2:息を吸いながら、両腕を横に開きます。

この時、肩甲骨を寄せるように意識しましょう。

 

 

3:息を吐きながら、両ひじを体の前でくっつけます。

バストを中央に寄せるイメージで行いましょう。

 

 

4:1から3を、3セット行います。

 

 

 

大胸筋と小胸筋ほぐしと、大胸筋を鍛えるストレッチは

こちらの動画でまとめて解説されているので

参考にしてくださいね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

大胸筋は鍛えすぎると、

女性らしいバストから遠ざかってしまう可能性があるので

鍛え方には注意が必要ですね。

 

そして、筋肉を鍛える前に

強張った筋肉をほぐして緩めてあげると

ストレッチの効果がグンッと上がります。

 

また筋肉をほぐすことによって、

リンパの流れや血行も促進されるので

 

筋肉をほぐすことは、まさにバストアップには必須なんです。

 

 

毎日すべてを行なうのは大変ですよね。

 

1日1つでもいいので、毎日行なうことが大切です。

 

 

バストケアにかける時間をほんの少し増やして

美しい上向きのバストを手に入れましょう( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡

 

 

スポンサーリンク

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
おすすめ記事
人気記事ランキング
カテゴリー
Twitter
サイト内検索
管理人

管理人:まや

豊かでハリのある形の良いバストは、憧れですね。
でも、憧れだけでは終わらせない!
30代からでも遅くない、バストアップ・バストケアの方法を体験をもとに記載しています。
あなたの力になれたら嬉しいです♪

詳しいプロフィールはこちらから

ページの先頭へ