お腹を温めてバストアップ!ぽっこりお腹も解消できる呼吸法

目安時間:約 10分

スポンサーリンク

 

こんにちは、バストケアコンサルタントのまやです。

 

 

 

女性の身体は脂肪がつきやすく、

ぽっこりお腹を気にしている人は多いのではないでしょうか。

 

 

 

バストアップには女性ホルモンが欠かせませんが、

女性ホルモンによって女性は丸みを帯びているわけで・・・。

 

 

 

お腹の脂肪はなんとかしたいけど、

バストアップもしたい!

 

 

実は、そんなことが実現できる方法があったんです。

 

 

 

しかもその方法はとても簡単!

 

 

 

バストを育てながら、

お腹も引き締めてくれる呼吸法についてご紹介していきます。

 

 

お腹を温めてバストアップ!

 

お腹を温めることは、

実は、バストにとても良い効果をもたらしてくれます。

 

 

お腹を温めることと、

バストにはどんな関係があるのでしょうか。

 

 

 

◎冷えは血のめぐりを悪くする

 

バストにとって、冷えは大敵です。

 

 

身体が冷えていると、

血液の流れが悪くなりますよね。

 

 

 

私たちの身体は、

血液によって栄養や酸素が全身に届けられ、

血液によって老廃物が腸などに運ばれて排出されていきます。

 

 

それはバストも同じ。

 

 

 

血液の流れが悪くなれば、

バストに栄養が十分に届けられなくなり、

老廃物も滞ってしまいます。

 

 

 

冷えは、バストの老化を進行させることにも

繋がってしまうのです。

 

 

血流を促進するには、

身体を温めることがとても重要なんです。

 

 

 

冷えとバストの関係は

こちらの記事で詳しく書いてます。

簡単にできるバストアップの方法は温めること?冷えとの関係は?

 

 

 

◎卵巣を温めて女性ホルモンを活性化

 

全身を冷えから守ることも大切ですが、

女性は、特にお腹を冷やさないことが重要です。

 

 

 

お腹は、

冷えを感じるとすぐに温めて守ろうと働きます。

 

 

その為、脂肪をいっぱいつけて

防御しようとするのです。

 

 

つまり、お腹の冷えは、

ぽっこりお腹になってしまう原因でもあるんです。

 

 

 

そして、お腹には子宮や卵巣もあります。

 

 

女性ホルモンは、卵巣から分泌されるため、

バストアップのためには、

卵巣が正常に働いていることが不可欠です。

 

 

お腹が冷えていると、

子宮や卵巣も冷えてしまい、血流が悪くなってしまいます。

 

 

 

つまり、女性ホルモンが正常に分泌され、

血液に乗ってバストにしっかり届ける為には、

お腹を温めることがとても重要だということになるわけです。

 

 

 

 

手足の冷えも、

実は、お腹の冷えが関係していると言われています。

 

 

お腹を温めることで、

手足の冷えも解消できる可能性が高いんですよ。

 

 

お腹をへこませ、バストアップできる呼吸法

スポンサーリンク

 

 

深く大きく行なう正しい呼吸は、

身体が温まり、脂肪燃焼効果消化機能が高くなります。

 

 

ヨガなどでも、

呼吸はとても大切なことだとされています。

 

 

 

美腹呼吸法を行なうと、

お腹が温まり循環が良くなることで、

女性ホルモンや栄養がバストにしっかりと届くようになります。

 

 

また、呼吸によって横隔膜を締めることで、

広がった肋骨を戻し、

アンダーバストを細くする効果も期待できます。

 

 

では、早速行ってみましょう。

 

 

◎美腹呼吸法

 

この呼吸法では、

息を吐くときに、丹田を意識するようにしましょう。

 

 

 

 

丹田を意識することで、インナーマッスルが鍛えられ、

ぽっこりお腹を改善することができます。

 

 

1:両足を揃え、太ももと丹田に力を入れて、

肛門をキュッと締めて立ちます。

丹田に両手を添えます。

 

2:鼻から大きく限界まで息を吸い込みます。

 

3:口をすぼめ、ゆっくりフーッと息を吐き出します。

この時、吐く息に合わせて丹田を意識ながら、

お腹をへこませていきましょう。

 

4:鼻から息を吸ったら、

次は、鼻からフッフッと短く10回息を吐きます。

この時も、吐く息に合わせて、お腹をへこませましょう。

 

5:両手をアンダーバストに置き、バストを軽く持ち上げます。

胸部を引き締めるイメージで、

10回息を吐きながら、お腹をへこませます。

 

6:1の姿勢に戻り、2~5を5回繰り返します。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

美腹呼吸を行なうと、お腹が温まり

血行が良くなることでバストアップ効果が期待できます。

 

 

さらに、アンダーバストが引き締められることでも、

バストアップを実現できる可能性も高いです。

 

 

 

他にも、美腹呼吸には、

腸の働きが活性化させる効果や、消化機能を高める作用、

老廃物の排出を促す効果もあり、

代謝効率の良い身体へと導いてくれます。

 

 

 

バストを育て、アンダーバストは引き締まり、お腹もスッキリと、

美腹呼吸は、いいことだらけですね♪

 

 

時間もかからず、簡単にできるので、

ぜひ毎日習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

簡単にできるバストアップの方法は温めること?冷えとの関係は?

 

 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
おすすめ記事
人気記事ランキング
カテゴリー
Twitter
サイト内検索
管理人

管理人:まや

豊かでハリのある形の良いバストは、憧れですね。
でも、憧れだけでは終わらせない!
30代からでも遅くない、バストアップ・バストケアの方法を体験をもとに記載しています。
あなたの力になれたら嬉しいです♪

詳しいプロフィールはこちらから

ページの先頭へ