バストにぶつぶつが!胸ニキビを作らないために気を付けたいこと

目安時間:約 11分

スポンサーリンク

 

 

こんにちは、バストケアコンサルタントのまやです。

 

 

あなたにとって、

美しいバストってどんなバストですか?

 

 

 

ハリのある形の良いバストを理想としている人は

多いのではないでしょうか。

 

 

 

でも、バストにぶつぶつとニキビがあっては、

せっかくハリのあるふんわりバストだったとしても

美しくないですよね。

 

 

 

 

そこで今回は、

バストにニキビを作ってしまわない為に

ニキビができる要因についてご説明します。

 

 

 

ニキビができる理由が分かれば、

ニキビを作らせない方法が見えてきますよ!

 

 

ニキビの原因菌は2種類

ニキビの原因となる菌は2種類存在します。

 

 

それは、「アクネ菌」「マラセチア菌」です。

 

 

 

どちらの原因菌も、

人の肌に普通に存在する常在菌で、皮脂が大好物。

 

 

 

 

アクネ菌によるニキビはおもに顔にできやすく

 

マラセチア菌によるニキビは身体にできやすいという

 

特徴があります。

 

 

 

 

ただし「できやすい」というだけで、

顔にマラセチア菌によるニキビができることもあるし、

逆にアクネ菌によるニキビが身体にできることもあるので

限定的には言えないところでもあります。

 

 

 

 

 

この、アクネ菌とマラセチア菌については

こちらの記事で詳しく説明していますので、ぜひ読んでみてください。

 

バストのぶつぶつカビが原因かも!?胸ニキビの原因とは?

 

 

胸にニキビができやすい内的要因とは?

スポンサーリンク

 

バストにニキビができやすかったり

できたニキビを悪化させてしまうのには、内的要因と外的要因があるんです。

 

 

まず内的要因、つまり身体の内部が関係してくる要因には

いったいどんなものがあるのかをご紹介しますね。

 

 

◎バストは汗や皮脂の分泌が多い場所

バストは、汗をかきやすく、皮脂の分泌が多い場所です。

 

 

 

汗を排出する汗腺は全身に存在していますが、

身体の部位によって汗をかく量は違ってきます。

 

 

 

それは、生命維持のために合理的に考えられたシステムで、

身体の中心部分に近いほど汗をかきやすくなっているのです。

 

 

 

 

よって胸や背中は、心臓や中枢神経を熱から守るために、

腕などよりも汗をかきやすいしくみになっているわけなんです。

 

 

 

 

ただ、胸はどこでも汗を拭くなんてことできませんよね(^_^;)

恥ずかしいし、みっともないですからね。

 

 

 

 

その為、汗や皮脂が放置され、菌が大好きな環境ができてしまう為

バストはニキビができやすいということなんですね。

 

 

◎ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れ

ニキビができる要因のひとつです。

 

 

ホルモンバランスが崩れると、皮脂の分泌量が不安定になったり

肌の免疫力が低下したりしてニキビができやすくなります。

 

 

 

 

ホルモンバランスを整える生活を送ることが

非常に大切なことになってきます。

 

 

胸にニキビができやすい外的要因とは?

それでは次に、身体の外部が関係する外的な要因です。

 

 

◎下着や衣服の締め付けによる蒸れ

内的要因でも説明しましたが、

身体の中でもバストは汗や皮脂が出やすい部位です。

 

 

 

寄せるブラなどで谷間を作ることで、

谷間に汗が溜まりやすい環境になり、菌が繁殖しやすくなります。

 

 

 

また、ブラの締め付けによる蒸れが原因で

バストが清潔に保てずニキビができる環境ができてしまうことも

あります。

 

 

 

自分のサイズにあったブラを着用して、

できるだけバストを清潔に保つよう気をつけましょう。

 

 

◎肌に合わない素材の下着を着ける

肌に合わない素材のブラを着けると、

ニキビを刺激し悪化させてしまいます。

 

 

肌に優しく通気性のよい素材のブラを着けるようにすると

ニキビができにくくなりますよ♪

 

 

 

 

◎刺激の強いボディーソープを使う

すでにニキビができている時に、肌に合わないボディーソープを使うと、

ニキビを刺激し悪化させてしまう危険があります。

 

 

洗い方も重要です。

 

ゴシゴシ洗うと、

ニキビを刺激することになってしまいます。

 

 

 

自分の肌に合ったボディーソープで、優しく丁寧に洗うように

心がけると良いですね。

 

 

◎洗浄剤のすすぎ残し

シャンプーやリンス、ボディーソープなどが

十分に洗い流されず身体に残っていると

 

肌の刺激になり、さらに雑菌も繁殖しやすくなります。

 

 

 

特にバストは身体の外に膨らんでいるため、

すすぎ残しになりやすい場所です。

 

 

 

バストもすすぎ残しのないように、しっかりと流しましょう。

 

 

◎紫外線による刺激

紫外線によって肌の組織が壊れると、菌と戦えなくなり

ニキビ菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

 

デコルテやバストも顔と同じように日焼け止めクリームで

紫外線から守りましょう。

 

 

 

 

ただ、すでにできてしまっているニキビには

日焼け止めクリームが刺激になることもあります。

 

 

 

そういう場合は、強い成分の日焼け止めを避け、

肌に優しい日焼け止めを使うようにすると良いですよ。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

 

 

バストにニキビを作らないためには

どんなことに気を付ければよいのかお分かりいただけたのでは

ないでしょうか。

 

 

 

食生活や睡眠不足を解消して

ホルモンバランスの崩れを防ぐことは胸ニキビを作らないことに繋がります。

 

 

 

また、バストをできるだけ清潔に保つようにし、

刺激を与えないことが重要になりますよv(*'-^*)

 

 

バストが清潔に保たれないと、ニキビだけでなく

嫌なニオイの原因にもなってしまいます( lll0□0lll)

 

 

 

バストを清潔に保って

美しい肌のバストにしていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
おすすめ記事
人気記事ランキング
カテゴリー
Twitter
サイト内検索
管理人

管理人:まや

豊かでハリのある形の良いバストは、憧れですね。
でも、憧れだけでは終わらせない!
30代からでも遅くない、バストアップ・バストケアの方法を体験をもとに記載しています。
あなたの力になれたら嬉しいです♪

詳しいプロフィールはこちらから

ページの先頭へ